カッコいいサイトには使われてるCSSって何?!

サイトの見栄えをコントロールできる

ホームページ制作におけるCSSとは「カスケーディング・スタイルシート」の略称を指します。ホームページの文章や見出しなど、ページの骨組みにあたる部分のコードはHTMLが担当し、CSSはページの見栄えを担当します。具体的には、指定した見出しのフォントを大きく、または小さくしたり、文章と見出しのすき間を調整したりと、読みやすくかっこ良いページにするために自分自身で見た目をコントロールすることができるのです。
CSSを設定することはサイトの見栄えだけの問題ではありません。マウスがボタンの上に乗ったら色が変わったり、ページに載せたい画像の最大幅を決めるといった何気ないユーザーの行動を助けるために裏で活躍している仕組みなのです。

進化を続けて動きのあるページも制作可能に!

CSSの役割は、サイトの進化とともにどんどん拡大しています。例えば、動きのあるサイトをつくるにも、今まではjavascriptのような言語が担当していた領域を、CSSのアニメーション機能を使えば同様の表現をできるまでに至りました。また、PCやスマーフォンなど、デバイスの横幅に応じてサイトの表示領域を変える仕組みも、CSSに書き込んでゆくことで調整が可能となっています。
少し前までは、サイトの動きをつけるにはflashのようなプラグインがなければサイトでアニメーションを動かすのはとても難しかったのですが、今ではCSSでコードを打てば似たクオリティの動きをつくることも可能な時代となりました。何よりも、HTMLやCSSはホームページの基礎にあたる部分なので、どのようなデバイスでも均一的に表示させることができるという大きなメリットを持ち合わせています。簡単な見栄えから複雑な動きまで対応可能なCSSはサイト制作に必須のテクニックなので、ぜひとも覚えましょう。

© Copyright Basic U Can Do. All Rights Reserved.