第一印象はレイアウト!サイトやブログはCSSで見栄えよく!

HTMLは家の骨組み、CSSは内外の装飾にあたる

CSS(カスケーディング・スタイルシート)とは、ウェブ制作の世界において、HTMLと並んで基本とされる言語のことです。ホームページ制作を家づくりに例えるなら、HTMLが柱や骨組みといったしっかりした土台作りにあたるのに対し、CSSは家の見た目にあたる見栄えを装飾できる要素と考えるとわかりやすいでしょう。
このように、HTMLを付随するような形でレイアウトを自由にカスタマイズできるのがCSSの特徴でもあります。具体的な使い方は、HTMLでマークアップ(記述)したコード、例えば入れ子機能を持つ<div>や見出し<h1、h2…>、文章<p>などあらゆるタグにスペース1つを挟んで、classやidのようなクラス属性を指定し、=(イコール)でつないで””(ダブルクオテーション)の中に自分の好きな名前を指定すれば、CSSを使う準備は整いました。

見出しの大きさを変える、空き調整、中央寄せなど機能は多彩

では、いよいよタグにつけたクラス属性でCSSを指定してゆくのですが、CSSでできることは多すぎて、ここでは紹介しきれません。一例としては、指定した見出しに対して大きさを変える、文章との間にある空きを調節する、左端に寄っているから中央寄せにしたいなど、できることはさまざまです。
近年、CSSは目覚しい進化を遂げています。少し前まではjavascriptのようなサイトに動きを持たせる機能も、CSSである程度できるようになったり、CSSの機能をさらに拡張させるメタ言語が使えるようになれば視野はもっと広がるでしょう。その代表として生まれた「CSSフレームワーク」を利用すれば、簡単にスマホ対応のサイトも作ることができます。このように、CSSの担当領域はますます広がるばかりなので、ホームページを作るならぜひとも覚えたいものです。

ホームページ作成を業者に依頼する時は、業者によって料金が異なるため、各業者にホームページ作成の見積もりを依頼することが大事になります。

© Copyright Basic U Can Do. All Rights Reserved.