見やすいサイトには人が来る?CSSですっきりデザインしてみよう!

定番の「ブログ型レイアウト」ですっきり!

書きたい内容を詰め込みすぎて、なんだかごちゃごちゃしたデザインになってしまった…なんてことはありませんか。たくさんの人が見に来るサイトをつくるには「質の良いコンテンツがたくさんある」こと以外にも「見やすいデザインをしている」ことも重要です。
デザインがごちゃごちゃしてしまったら、ひとりで四苦八苦するよりも、まずは原点に戻ることをおすすめです。原点とは「ブログ型レイアウト」。よくあるものは、横幅は880~980ピクセル程度で、サイドバーとメインコンテンツの比率が2.5~3:6.5~7のものです。「記事を読むのはメインコンテンツ、記事を探すのはサイドバー」と明確に分けることで、見る人にとっても読みやすいデザインとなっています。
定番すぎてオシャレじゃない…と不安に思う方は、ヘッダー画像の写真にこだわりましょう。

メニュー配置を考えよう

ブログ型レイアウトでサイトをすっきりさせた後は、「メニュー」の配置を考えましょう。デザインがごちゃごちゃする大きな原因の一つは、貼りたいリンクやメニューが増えすぎて整理できなくなってしまうことです。将来的に整理のしやすい配置が大切です。
基本的に、メニューの置ける箇所は「ヘッダーメニュー」「サイドメニュー」「フッターメニュー(サイトマップ)」の3箇所です。ヘッダーメニューは、大項目としてせいぜい5つくらいにまとめるとよいでしょう。サイドメニューには小・中項目、月間アーカイブ、最新記事など区分ごとにリンクを配置するとすっきりします。フッターメニューは広い空間を確保しやすいため、サイトマップとして全てのリンクを並べることも可能です。項目わけをよく考え、見やすいサイトを作りましょう。

© Copyright Basic U Can Do. All Rights Reserved.